Activity

2018/02/14
【開催報告】CAFS主催国際シンポジウム「北東アジアの危機と岐路」

CAFS主催国際シンポジウム「北東アジアの危機と岐路」無事終了

 2018年1月27日、九州大学西新プラザで開催された、アジア太平洋未来研究センター最後の主催シンポジウム「北東アジアの危機と岐路」が無事終わりました。

 50名を超える参加者のなかには、多くの一般市民もおられました。これまでセンターをご支援いただいた皆様に心よりお礼申し上げます。

 なおセンターの活動は2月26日の米国ワシントンDCでのファイナルセミナー(USJI)をもって終了となります。

http://cafs.kyushu-u.ac.jp/borders/kanri/wp-content/uploads/USJI-Flyer.pdf

 

PAGE TOP