Activity

2017/12/22
【開催報告】セミナー”Japan Foreign Relations toward South/Central Asia: Contextualize India, China, Russia and the US”をキューバで開催

セミナー”Japan Foreign Relations toward South/Central Asia: Contextualize India, China, Russia and the US”をキューバで開催

 2017年12月8日、国際交流基金・メキシコ日本文化センターの招請により、キューバの国際政治研究センターで日本のユーラシア外交についての講演を行いました。同センターを始め、ハバナ大学のアジア研究者など20名が集まり、講演後は、安倍外交と米国、北方領土問題の行方、中露関係の現状など様々な質問が出ました。
 キューバの若手研究者の多くがインドで英語教育を受けていることもあり、特にインドへの関心が強く、この国のアジア太平洋地域に対する問題意識も深いものがありました。これは長年、米国と対峙するとともに中南米の国際関係をリードしてきたこの国のインテリジェンスの賜物でしょう。韓国と国交がなく、北朝鮮と友好関係を続けるそのユニークさも興味深いものがありました。
 トランプ政権のもと、対米関係は悪化しているようですが、街にあふれるクラッシクな米国車とソ連時代のラーダ(及びチェ・ゲバラとカストロの写真)が特に印象に残りました。今後ともキューバ―との研究上の連携を続けたいと思います。    (岩下明裕)

   
PAGE TOP