Activity

2017/09/08
中露国境紀行2017セミナー開催(2017年8月28日)

中露国境紀行2017セミナー開催(2017年8月28日)

 本センターも協力するボーダーツーリズム企画「中露国境紀行」2017セミナーが福岡ソフトリサーチパークで開催されました。セミナーは中露国境地域の現状、およびアジアへのゲートウェイとしての福岡の役割について考えるもので、福岡から中露国境地域へ向かうツアーの事前レクチャーの意味もあります。福岡については、福岡ソフトリサーチパーク代表取締役専務の藤本道雄氏が、中露国境については本センターの岩下明裕がそれぞれ情報提供を行いました。

 

 セミナー終了後は、地元ガイドによるまちあるきで防塁跡や西新の唐津街道などを見学。国境のまち福岡の「要塞」及び「ゲートウェイ」の歴史を体感しました。16名の参加者は翌29日にソウル経由でハバロフスクに入り、大ウスリー島に上陸、その後、アムール川を渡り、中国に入り、同じ島を中国側からも見学しました。               (岩下明裕)

PAGE TOP